ハンカチに関する情報が満載!

結婚式に忘れがちなハンカチ

結婚式に招待され、必要な物はご祝儀、招待状、ふくさ、カメラなどを準備しますが、意外と忘れがちな物にハンカチがありますが、必需品ともいえる存在です。
結婚式といえば、感動的なシーンも多く身内だけでなくても感極まって涙が出てしまう人が特に女性には多くいます。
そんな時、カバンからそっと取り出して涙を拭うのが大人の女性のマナーともいえます。
他にも、トイレなどに行って手を洗って手をふく場合、水や食事でドレスなどが汚れてしまった時にふき取ることにも使えます。
ハンカチには服装ほどマナーなどはありませんが、出来るだけ清潔感のある白色や淡いピンクのものが好まれます。
シルクや綿などの自然素材で、無地でも構いませんが女性らしさを出すためにもレースや花柄であるものがよいです。
さらに、出来る女性だと思われるためにも1つは涙を拭うためなどの見せるハンカチ、もう1つは手を拭いたりなどの自分が使うための多少汚れてもいいものを持っていくとよいです。

結婚式に招待された時のハンカチは

女性が結婚式に招待された時は、白の綿レースのハンカチを用意しておくと良いでしょう。
色柄ものや、タオルハンカチは、カジュアル過ぎるので、避けましょう。
レースと書きましたが、エレガントに見えて、実際に使えるものを選びましょう。
購入したら、洗ってアイロンをかけておきましょう。
フチが花の形にカッティングされたものや、本体にレースがついたものなど、女性用は、色々種類があります。
素材に綿を、というのは、敏感なお顔にも使えるので、感動の結婚式で涙が、という時も、目の周りにも刺激が少ないです。
1枚だけだと心配な場合は、薄手で大判のものを2枚用意しておくと安心です。
男性の場合は、麻か綿の白ハンカチとポケットチーフを用意しましょう。
ネクタイが白ではない場合は、ポケットチーフの色と揃えるとセンスアップします。
また、ポケットチーフは意外に忘れやすいアイテムなので、慌てて買いにいかなくて済むように、たしなみとして家に用意しておくとよいです。

おすすめWEBサイト 5選




2019/12/12 更新