ハンカチに関する情報が満載!

ハンカチの素材に合ったアイロンの温度設定まとめ

ハンカチにアイロンをかけるときには、素材によって適切な取り扱いをすることが大切です。
どんなハンカチにも、毎回決まった温度設定でアイロンがけをしていると、そのうち生地が傷んでしまいシワができてしまったり、縮んでしまうことだってあるんです。
繊維の素材にぴったりあった温度を選んでから、作業を開始するようにするとよいでしょう。
一般的な家庭用のアイロンは、温度設定が低温と高温、そしてその中間の温度の三段階に分かれています。
生地の素材が綿や麻のように高温に強いものであるときには、温度を最高まであげるのがよいでしょう。
気をつけなくてはならないのが、レーヨンやキュプラなどの化学繊維が混じった素材です。
手触りは綿のように感じられる生地であっても、シワ防止や伸び防止のために、数パーセントだけ化学繊維が混じっていることもあります。
品質表示マークをよく確認してから作業するとミスが防げます。
化学繊維入の素材は、低温でゆっくりと作業することが大切です。

ハンカチのアイロンがけに使える裏ワザ

ピンと伸びていて、シワのないハンカチは、清潔感があり、使っていてもとても気持ちのよいものです。
いつもパリっとして気持ちのいい状態を保つためには、丁寧なアイロンがけが欠かせません。
ハンカチをパリっとさせるには、スチームを使用するとよいでしょう。
市販されている家庭用のアイロンは、中温以上の温度ならスチーム機能が使える製品が多くなっています。
ハンカチのように布の面積が小さい布なら、最高温度まで上昇するのを待つ必要はそれほど高くはありません。
スイッチを入れてから2分もすれば、スチームを噴出できる温度まですぐに上昇します。
面倒くさがりな人は、アイロンでプレスしないで、ハンガーにかけたままスチームをあて、手でパンパンと伸ばすだけでも洗いシワをとることができます。
また、洗濯して乾燥させるまえに、布を手で伸ばして、シワがつかないようにしておくと、上手く行けばそのままでも十分に使用できるような状態になります。

Valuable information


流山市 分譲住宅



最終更新日:2019/4/11